主なピルにはどんなものがあるのか??

ピルは女性の生理の周期に合わせ、21日間服用し、生理期間の7日間は休むという28日間の周期を守っていくというのが基本になります。

アフターピルという特殊なピルも存在しますが、これは本当に不測の事態に対処するための緊急用のピルになりますから、出来ることなら、使用しないに越したことはないでしょう。

ピルには一相性ピルと、段階型ピルというものが存在します。

一相性ピルは、配合量というものが一定であり、飲み間違いなどが起こらないことから、多くの女性がこちらのピルを利用しているという状況です。

一方で段階型ピルというものは、途中何段階かに分け、配合量というものが異なるものを服用するというものです。

段階型の中でも中間増量型の三相性ピルが有名であり、最初の7日間と最後の5日間は配合量が同じピルを服用し、中間の9日間だけ黄体ホルモンの配合量が多いピルを服用するという形です。

三相性ピルには、もう一つ漸増型というものがあり、最初の6日、その後の5日、さらに最後の10間と徐々に黄体ホルモンの配合量が多いピルを服用するという形も存在します。

段階型のピルのメリットは、総ホルモン量が少なくて済むということであり、服用に気を使う面倒があるものの、肉体的な負担は少なくなるというメリットがあるのです。